摂津本山・岡本・魚崎・六甲アイランド・芦屋 で費用対効果No.1の個別指導塾を目指します。個別指導 × プロの少人数指導。だから、安心料金で高い学習効果!

岡本・摂津本山・魚崎・六甲アイランド・芦屋 の個別指導塾

個別教育Myチャレンジ

どうぞ何でも気軽に 
  お電話ください  

(受付時間)月~土  14:00~21:30

    岡本校  tel  078-412-3855
    本山校  tel  078-413-8383
      魚崎校  tel  078-200-5914
  高校生教室 tel  078-200-5903

  RIC校  tel  078-854-3015
   芦屋校  tel  0797-78-8775

本山校 (対象:小学生・中学生・高校生の全科目)

個別教育Myチャレンジ本山校は、
摂津本山・甲南山手エリアの本気で成績アップにこだわる個別指導塾です。

個別指導と少人数指導(プロ講師)を組み合わせ、高い学習効果と、リーズナブルな授業料を両立しています。
摂津本山・甲南山手エリアで、費用対効果No.1の個別指導塾を目指します。

本山校 教室長 からのメッセージ

個別教育Myチャレンジ/本山校 教室長

本山校 教室長 木下 青児

はじめまして。本山校の教室長の木下です。

私は、テストで良い点を取って喜んでいる笑顔や、苦手科目を克服して自信を持った生徒さんの表情を見るのが好きです。
ですから、本山校では成績を上げることに、トコトンこだわり指導をしています。

 私たちがただ普通に勉強を教えているだけで成績が上がっていく生徒さんはまずいませんし、勉強に「これさえやっておけば必ず成績が上がる」という必勝法もありません。
ですから、生徒さん一人ひとりとしっかり向き合い、その子に今何が必要で、どんな勉強法がベストなのかを真剣に考えて試行錯誤を繰り返す。成績を上げるにはそれしかないと思っています。

また、当たり前ですが、成績を上げるには生徒本人の努力が必要です。とは言え、成績を上げたいという気持ちはあっても、自らすすんで勉強を頑張れる人は少ないでしょう。では、どんな手助けをすればもっと勉強を頑張れるようになるのか、どんな言葉を掛ければやる気を引き出してあげられるのか。その答えにもまた必勝法はなく、生徒さん一人ひとり千差万別です。だから、これが最善だと思えるサポートを常に考えています。

成績を上げて笑顔になりたい皆さん、ぜひ当塾にお越しください。一緒に頑張りましょう!

本山校 の所在地

〒658-0016
神戸市東灘区本山中町3丁目1-4

個別教育Myチャレンジ本山校 地図(神戸市東灘区本山中町3丁目1-4)

2号線はさみヤナセ向かい、
小路交差点はさみダイエー斜め向かいすぐ、
JR摂津本山駅から徒歩10分。

本山校に通う生徒さん

小学生:本山第一小学校、本山第三小学校、本山南小学校、福池小学校など

中学生:本山南中学校、本庄中学校、本山中学校、他私立中学など

お問合せ 個別指導塾/岡本・摂津本山・魚崎・六甲アイランド

勉強に関し、何でも気軽にご相談ください。

本山校 受付電話

078-413-8383

受付時間   14:00 ~ 21:30(日祝を除く)

個別教育Myチャレンジ 本山校
教室ブログ(最新記事)

2019年12月11日

12月に入り当塾では中学3年生対象の冬のプログラムが始まりました。
以前にもこのコーナーでご紹介しましたが、当塾では、7月から翌3月までの期間で一貫した形で中3生の高校受験対策授業を行っており、その最終段階にあたる冬のプログラムが12月1日よりスタートしています。(詳しくは2019年7月11日と9月12日の記事をご覧ください)もうこの時期になると中学3年生は目標を見定めていますから、ヤル気という部分ではこちらが何を言わなくても率先して勉強をしてくれます。
そうなってくると今度は「中学1、2年生にどうやって受験に目を向けてもらうか」が気になってきます。12月は毎年、各中学校で進路指導の面談が行われ受験校を決定していく月です。そういう意味では、中2生にとって「どの高校が受けられるか」が決まるまで残すところちょうどあと1年、中1生にはあと2年という節目のタイミングになります。彼らにどうやって1日でも早く受験を意識してもらうか。期末試験が終わったばかりのこの時期、彼らの副教科の点数から来年の内申点を想像せずにはいれません。具体的なイメージを持ってもらい、かつ受験に向けて一歩踏み出してもらえるように、あの手この手で訴えていきたいと思いう今日この頃です。
 

以前の記事はこちら

⇒ 本山校 ブログ(全記事)

 

「この子は、もっと伸びるはず!」
と思われる 摂津本山・甲南山手エリアのお母さま、お父さまへ

個別指導×プロ講師! だから
高校受験に強い
学校のテストに強い 個別指導塾です。

学校のテストに強い個別指導塾

以下は、中学校のテスト結果です。(2019年度、一部抜粋)
正しいやり方で努力した子どもたちは、成果を出しています。

本山南中学2年 1学期中間テスト

英語80点超(数学も大幅アップ!)

成績アップ事例 本山校 本山南中学2年

本山南中学2年 1学期中間テスト

努力が実って 数学 80点超

成績アップした生徒の笑顔

本山南中学1年 2学期中間テスト

数学 89点(やった!)

成績アップ事例 本山校 生徒の笑顔

高校受験に強い個別指導塾

2019年春、高校受験をした生徒たちの笑顔です(一部抜粋)。それぞれの志望校に合格しました。

神戸高校 合格

高校受験で合格したときの生徒と講師の笑顔

御影高校 合格

高校受験で合格したときの生徒と講師の笑顔

葺合高校 合格

高校受験で合格したときの生徒と講師の笑顔

県立芦屋高校 合格

高校受験で合格したときの生徒と講師の笑顔

六甲アイランド高校 合格

高校受験で合格したときの生徒と講師の笑顔

御影高校 合格

高校受験で合格したときの生徒と講師の笑顔

「この子は、やればできる子だ」とお父さまお母さまは、信じていらっしゃるはずです。「やればできる」のは、全くその通りだと思います。
ただし、同じやり方を続けても、結果は同じです。

お子さまは、どんな状況ですか?
  • 勉強しているのに、点数が伸びない
  • 苦手科目が、なかなか克服できない
  • 分からない問題は分からないままで、ほったらかし
  • 集団授業では質問ができず、内容を消化できていない 
  • 効率的な勉強のやり方が分からない
  • そもそも勉強時間が少ない
  • このままで志望校に合格できるのか心配
↑ 当てはまることが一つでもあれば、一度ご相談ください。
お役に立てることがあるかもしれません。

個別教育Myチャレンジ似顔絵

個別教育Myチャレンジは、
普通の子の成績を上げるのが得意
 な個別指導塾です。

学校のテストで平均点より少し上か、少し下ぐらいの普通のお子さまの成績を本気で上げようとすると、まずは勉強のやり方を見直す必要があります。
勉強が得意な子はやっている「間違い直しや復習のやり方」など成果を出すために実践してもらいたい勉強のコツを指導します。

お子さまの勉強のやり方を変え、分からないところを丁寧に説明し、できる問題を一つずつ増やして、勉強量も少しずつ増やします。
当たり前のことを地道にやり、お子さまの学力を引き上げます。

成績アップにこだわる個別指導を
 冬期講習(特別ご招待料金) 
でお試しください。

冬期講習 個別指導塾/岡本・摂津本山・魚崎・六甲アイランド・芦屋

この冬、成績アップのきっかけを作ります。

 好評受付中
 【特別ご招待】冬の6回コース 

小学生4千円、中学生5千円、高校生6千円
※税込価格。別途、教材費1500円のみ。
※無料体験(1回コース)もございます。


対象
小学生(小4~6)・中学生・高校生

受講科目
科目を自由にお選びください。1科目でも複数科目でも結構です。

受講期間
各科目、個別指導60分×3回と、プロの少人数指導60分×3回の 計6回の授業。
授業日程は、12/9~1/7 で個別調整。

申込み締切
12/27(金) までにお申し込みの方が対象。
※各学年、定員になり次第、締め切らせていただきます。

お問合せ 個別指導塾/岡本・摂津本山・魚崎・六甲アイランド

勉強に関し、何でも気軽にご相談ください。

本山校 受付電話

078-413-8383

受付時間   14:00 ~ 21:30(日祝を除く)

生徒さん保護者様のコメント集

/個別教育Myチャレンジ本山校  
(摂津本山・甲南山手の個別指導塾)

御影高校合格 中3男子

どんな質問でも、何度も丁寧に熱心に教えてもらい、成績アップや志望校合格へとつながった。

2017年度 合格者コメント

(生徒さんコメント)

僕は、Myチャレンジに入塾するまでは毎日コツコツと勉強する習慣もなく、分からない所もそのまま進めてしまうことが多くありました。ですがMyチャレンジに入塾し、継続して勉強することの大切さを学びました。
また、先生方は、どんな質問でも何度も丁寧に熱心に教えてくださり、その一つ一つが成績アップや合格へとつながったのだと思います。
授業がなくても塾へ行かせていただき、環境が整った所で集中して、日々勉強することができました。
これから先、僕は「目標を達成できたこと」だけではなく「その目標を達成するために取り組んだ過程」も大きな糧とし、高校でも頑張っていこうと思います。
先生方、本当にありがとうございました。

(保護者様コメント)

Myチャレンジに入塾して、本当に良かったです。
分からない問題は、分かるまで何度も丁寧に教えていただいたことで、テストの点数もアップして、本人のやる気にもつながったと思います。
高校に行っても「なせば成る」ということを忘れずに頑張ってほしいです。
色々とサポートしていただき、ありがとうございました。

数学45点アップ 本庄中学2年

苦手だった数学に対する取り組みが変わりました。

中2男子で数学が45点アップした生徒さんのコメント

(生徒さんコメント)

先生方のおかげで「数学」に対しての考え方が変わりました。
先生方が一生懸命に指導して下さったので、期待に応えたいという気持ちになれて、その結果、いい点数が取れたんだと思います。
これからも「なせば成る」と自分を信じ、一生懸命に取り組みたいと思います。
先生方、これからもよろしくお願いします。

(保護者様コメント)

苦手教科だった「数学」に対して、勉強に取り組む姿勢が変わってきました。
以前は解けない問題は姉や私に解き方を聞くことが多かったのですが、最近は、教科書やワークを見て自分で解くようになりました。解けなかった問題は、そのままにせず、塾で先生に質問しているようです。
その変化が成績アップにつながったのだと思います。
今後も努力を忘れず、頑張ってほしいです。

御影高校合格 中3女子

英語の構文プリントや、
先生の熱心な指導に支えられました。

御影高校に合格した生徒さんのコメント

(生徒さんコメント)

塾からいただいた英語の構文プリントや、先生方の熱心な指導にとても支えられました。
授業以外の時間でも何度も自習をさせていただいたり、勉強とそれ以外のことでも相談にのっていただけたので、勉強面でもメンタル面でも、とても楽な気持ちで入試を終えることができました。
本当にありがとうございました。

(保護者様コメント)

おかげさまで、第一志望の高校に合格することができました。本当にありがとうございます。先生方には感謝の言葉以外、浮かんできません。
3年生になる直前の春休みに大手塾より転塾してきました。受験本番まで1年を切った中での決断でしたのが、あの時、勇気をもってこちらに変えていなければ、合格できなかったのではないかと思っています。面談は的確で分かりやすく、親としても安心してお任せすることができました。
部活を終えてからは授業以外の時間に自習をさせてもらったり、教室の雰囲気や緊張感もよく、本当によく通っていました。
無事に合格ができたことはもちろん、親子ともに嬉しいことですが、そのこと以外にも、たくさん得るものがあった1年間だったと思います。貴重な体験を、ありがとうございました。

葺合高校合格(本山南中学)

分からない所を、
納得するまで熱心に教えてくれました。

葺合高校に合格した生徒さんのコメント

(生徒さんコメント)

塾に行くまで何とか家庭学習で頑張っていましたが、テストの点数が下がってきたので、Myチャレンジに来ました。
私の分からない所を納得するまで教えてくれたり、授業と授業の間に分からなかったところを教えてくれたり、とっても熱心に教えてくれました。
他の塾とは一味違う雰囲気で、とても自習に行きやすかったです。他にも自習教室を開いていただいたり、入試前には入試と同じ時間でテストを受けさせてくれたりと、本当にお世話になりました。
落ち込んでいるときもアドバイスをいただいて、心強かったです!
今後も自習する力を継続していきます。

(保護者様コメント)

中学2年生になり、数学の中で苦手な単元が出てきたので受講したのが始まりでしたが、夏休みや冬休みは他の科目を受けられたり柔軟に対応して下さるのが良かったです。
個別ということで、大勢で競争する機会が少ないかなと心配しましたが、アットホームな雰囲気が良かったのか、よく自習に行っていました。
先生方とも休み時間にはいろいろと楽しくおしゃべりしていただいたようで、うちに帰っていろいろ話してくれました。
入塾してお世話になり、本当に良かったです。

数学39点アップ 本山南中学3年生

数学ギライを克服し、少し自信がつきました。

中3女子で数学ギライを克服し39点アップした生徒さんのコメント

(生徒さんコメント)

Myチャレンジに入塾する前は、はっきり言って数学は大嫌いでした。
でも、ここで基礎を一つ一つ教えてもらい、だんだん理解できるようになり、前より数学が嫌いではなくなりました。少し自信を持つことができるようになりました。

これからもよろしくお願いします。

(保護者様コメント)

Myチャレンジに入塾して、本当に良かったです!
点数はもちろんのことですが、何よりも良かったと感じているのは「数学ギライ」を克服できたことです。「なせば成る」ということを、本人自身が実感することができたと思います。
Myチャレンジの先生の皆様方、本当にありがとうございました。そして、受験の日まで引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

六甲アイランド高校合格(本庄中学)

空回りしている娘の弱点を分析して、
理解し定着させる勉強法を教え込んでもらえた。

六甲アイランド高校に合格した生徒さんのコメント

(生徒さんコメント)

私は、Myチャレンジに行くまで、勉強の仕方なんて全く考えていませんでした。ただ単に出された課題をやるだけで、勉強に対してもやる気が出ず、テストの点も全く上がりませんでした。
でも、Myチャレンジに来てから、勉強することに対する考えが変わりました。単にやるだけではなく、その知識を確実に自分のものにしながら問題を解くということを、私は少しずつ知りました。
ここまで来れたのも先生方の支えのおかげです。これからも気を抜かず、勉強を頑張っていこうと思います。本当にありがとうございました。

(保護者様コメント)

念願の志望校合格の喜びは、個別教育Myチャレンジの先生方のご指導があってのものです。
中3の6月から入塾させていただきましたが、真面目でやる気があっても、勉強のやり方が空回りしている娘の弱点を細かく分析して下さり、きっちり理解することと定着させる勉強法を叩き込んでいただきました。おかげで志望校合格への気持ちもぶれることなく、着実に成績アップする結果を出すことができました。
塾の大きな魅力は、先生のデータ量と情報量です。また、先生の説明の分かりやすさには、いつも心が安らぎました。
学校の行事や部活の予定にも臨機応変に授業の時間を組み替えていただいたり、テスト前には無料の対策勉強会を開いてくださったりと、全面的に心強いバックアップも、大変に助かりました。
HPを見て入塾を決めたのは大正解でした。本当にありがとうございました。

数学43点アップ 本山南中学2年

初めて90点台の点数がとれました!

初めて90点台の点数がとれました

(生徒さんコメント)

塾に入るまでは、全然勉強できなかったし、しなかったけど、授業で毎回ちゃんと教えてくれたので、テストの時いい点数が取れた。
これからも、今の点数で頑張っていきたいです。

(保護者様コメント)

今回は初めて90点台を取り、よく頑張りました。
やればできる、という自信を持って、これからも頑張りましょう。

神戸高校 合格

個別だと周りの目を気にすることなく
自分と向き合えるし、
先生に相談もできるので勉強しやすかった。

神戸高校に合格した生徒さんのコメント

(生徒さんコメント)

塾に入ったのは3年生からの1年間だけだったけど、すごく頑張ったら、本当に合格できました。
個別だと周りの目を気にすることなく自分と向き合えるし、先生に相談もできるし、とても勉強しやすかったです。休日や夏休みの使い方も受験に大きくかかわってくると思います。

(保護者様コメント)

塾に入ってすぐに「とても分かりやすく説明してくれた」と喜んでいました。
成績の相談以外にも、とても親身に対応して下さり、本人の意識も受験へと大きく高まりました。受験が近づいた1週間前には体調にも気を遣って下さり、嬉しかったです。
努力がかなり必要とされた受験勉強をこれだけ前向きに頑張れたのは、本人の頑張りはもちろんですが、支えていただいた先生方に感謝します。

英語28点アップ 本山南中学2年生

過去のやり直しと、授業への対応の両方で、成績が上がりました。

英語が28点アップした生徒さんのコメント

(生徒さんコメント)

自分のペースでゆっくり勉強でき、分からない所は分かるまで丁寧に教えていただいたので、成績が上がりました。
これからはこの上を行くために、さらに自主的に勉強しようと思っています。

(保護者様コメント)

いつもお世話になりまして、ありがとうございます。
英語の学習が大変に遅れた状態で入塾させていただきました。
子どもの学習の理解に合わせて、過去からのやり直し、進んでいく授業への対応という両方をご指導いただきましたことで、成績が上がったのだと思います。
深く感謝申し上げます。これからも変わらずご指導をいただきますよう、お願い申し上げます。

英数ともに点数アップ 本山南中学3年生


【英語・数学ともに点数アップ!】
授業は一人ひとりに対応していて分かりやすく、すぐに点数アップしました。

 

英数ともに点数アップした生徒さんのコメント

(生徒さんコメント)

Myチャレンジに行きはじめて、すぐに点数アップしました。
授業は一人ひとりに対応していて、質問しやすく、分かりやすかったです。
今後の目標は、常に80点台を目指して、英語・数学ともに高得点を取りたいです。
これからもよろしくお願いします!

(保護者様コメント)

分からないところ、苦手なところを、集中して指導していただいた成果だと思います。
自主勉強+Myチャレンジでの勉強 で達成できたのだと思います。
分からないことが理解できるのは、自信につながり、勉強への意欲がわいてくるのだと思います。

葺合高校合格(本庄中学)

先生が真剣に向き合って下さり、受験に対する価値観が変わった。
志望校に合格したポイントは、分からない所を分かるまでやること。

受験に対する価値観が変わり葺合高校に合格した生徒さんのコメント

(生徒さんコメント)

先生方が熱心に指導して下さったおかげで、自分の受験に対する価値観が変わりました。自分を全力にさせてくれたのは、先生方の真剣に向き合って下さった姿です。
志望校に合格できたポイントは、分からない所を分かるまでやることだと思います。

受講していない教科も、休み時間であれば熱心に教えてくださいました。
「やればできる」という自信を持つことができました。これからも頑張っていきたいです。

(保護者様コメント)

大変お世話になりました。
個々に合わせた勉強法、ペースで、分からない問題は分かるまで、時間をかけて教えていただきました。
入塾時、平均点しか取れていなかった苦手科目が、他の科目と同じくらい点数が取れるようになり、自信を持って受験に臨め、志望校に合格することができました。
熱心にご指導いただき、感謝しております。ありがとうございました。

御影高校合格(本庄中学)

先生方の丁寧な指導で、
志望校に合格することができました。

御影高校に合格した生徒さんのコメント

(生徒さんコメント)

私がこの塾に通い始めて1年が過ぎました。1年前の私は受験生になり、「one more step」という目標をかかげ生活をしていました。この1年間でもう1段階、上に登れたと思います。
授業では、分からない問題や難しい問題があったら、とても詳しく私が理解できるまで説明してくださり、学校の授業で似たような問題が出ても悩まずに解答できるようになりました。
受験前には模試もしていただき、本番をむかえるにあたり最後に直さなければならない苦手分野の発見ができ、当日もあせることなく解答できました。
そのおかげで志望校に合格することができ、夢に見ていた高校生活が始まろうとしています。高校ではもっと自分の夢に近づけるように「one more step」という目標で、次の進路に向けて頑張りたいと思います。

(保護者様コメント)

中学3年生になり、受験ということが現実味を帯びてきた1年前。それでも親子共々ぼんやりした目標しかなく「どうしよう」という思いばかりでした。
知人の紹介で入塾し、先生方の丁寧な指導で志望校に合格することができました。
直前の模試では散々な成績でありながら、土壇場でも誰よりもあきらめずに指導して下さった先生方のおかげだと思っています。本当にありがとうございました。

葺合高校合格(本山南中学)

授業はとても分かりやすく、質問しても分かりやすく応えてくれた。

本山南中学から葺合高校に合格した生徒さんのコメント

(生徒さんコメント)

授業はとても分かりやすく、質問をしてもすぐにその答えが分かりやすくかえってきて、とても良かったです。
また、成績が上がる勉強法で徹底してやっていくので、家での勉強も今までより効率が良くなりました。

(保護者様コメント)

無事、志望校に合格でき、本当にありがとうございました。
分からない所を繰り返し繰り返しやっていただいたおかげだと思います。
努力することを忘れず、この先も頑張ってほしいと思います。
先生方、本当にいろいろありがとうございました。

六甲アイランド高校合格(本山南中学)

学校の定期テストや模試に結果が表れ、自分の力に自信がつきました。

 定期テストや模試に結果が表れ自信がつき高校に合格した生徒さんのコメント

(生徒さんコメント)

自分は英語が苦手だったので、やる前から「もう無理だ」とあきらめていましたが、
Myチャレンジで「コツ」というものをつかんでから、問題を解くことが楽しくなりました。
その過程を積んだ分の結果が、学校の定期テストや模試の結果に表れ、自分の実力に自信がつきました。
そして、志望校合格へとつながったので、本当に良かったです。ご指導ありがとうございました。

(保護者様コメント)

Myチャレンジで、丁寧に効率的に教えていただき、成績を上げることができました。
先生方の受験に向けての助言や、授業も色々工夫していただき、おかげさまで志望校に合格させていただくことができました。
本当に有難うございました。

英語28点アップ

間違えた問題を解き直すやり方が、僕には合っていた。

英語が28点アップした生徒さんのコメント

(生徒さんコメント)

何度も間違えた問題を解くやり方が、僕には合っていたと思います。
今回で、自分はやればできるんだと、思うことができました。なので、これからも今回の点数が維持できるように、頑張りたいと思いました。

(保護者様コメント)

根気よくご指導いただき、ありがとうございました。
繰り返し振り返ることで、いつも間違えてしまうところに気付いたり、間違わないように気を付けたり、細やかに取り組めるようになったのではないかと思います。
分かることで、教科としてだけでなく、英語自体が好きになったようで、喜んでいます。驚くような頑張りを見せてくれました。

個別教育Myチャレンジ 本山校
教室ブログ

2019年12月11日

12月に入り当塾では中学3年生対象の冬のプログラムが始まりました。
以前にもこのコーナーでご紹介しましたが、当塾では、7月から翌3月までの期間で一貫した形で中3生の高校受験対策授業を行っており、その最終段階にあたる冬のプログラムが12月1日よりスタートしています。(詳しくは2019年7月11日と9月12日の記事をご覧ください)もうこの時期になると中学3年生は目標を見定めていますから、ヤル気という部分ではこちらが何を言わなくても率先して勉強をしてくれます。
そうなってくると今度は「中学1、2年生にどうやって受験に目を向けてもらうか」が気になってきます。12月は毎年、各中学校で進路指導の面談が行われ受験校を決定していく月です。そういう意味では、中2生にとって「どの高校が受けられるか」が決まるまで残すところちょうどあと1年、中1生にはあと2年という節目のタイミングになります。彼らにどうやって1日でも早く受験を意識してもらうか。期末試験が終わったばかりのこの時期、彼らの副教科の点数から来年の内申点を想像せずにはいれません。具体的なイメージを持ってもらい、かつ受験に向けて一歩踏み出してもらえるように、あの手この手で訴えていきたいと思いう今日この頃です。
 

2019年11月27日

いま、当教室はテスト週間の真っ只中です。
生徒たちが通っている主な3つの中学校の期末テストが今週に集中しているので、なかなか忙しく動き回っています。ただ、忙しくはありますが、テスト期間中の(あるいはテスト直前の)少し慌ただしいくらいの熱気を帯びた教室の雰囲気はとても気に入っています。
私たち講師陣は「今日の授業で1点でも多く取らせたい」と意気込みながら授業をしていますし、生徒たちも普段以上に集中して話を聞いてくれます。
それから、自習に来る生徒が増えるのもテスト期間の好きな点ですね。普段はあまり自習に来ない生徒が自発的に来て勉強してくれるのも嬉しいですし、勉強の進み具合が心配な生徒にはこちらから自習に来るように声を掛けることも多いのですが、そういう生徒たちが素直に来てくれるのも嬉しいです。自習に来るのが慣れていない生徒は、こちらが忙しくしていると私たちに気を使って質問するのを遠慮してしまったりするのですが、そうならないように「今日は何でもいいから最低3つは質問して帰ること」というルールを決めてしまうなどして、せっかく来てくれた生徒が不完全燃焼ではなくしっかり勉強して帰れるように努めています。
さて、今回のテスト期間も残り数日ですが、最後まで全力でサポートしていきたしと思います。
 

2019年11月12日

2学期も半ばを過ぎたましたが、毎年、中学校進学を見据えて2学期から英語を始める小学6年生の生徒さんが多くいらっしゃいます。小学校でも英語の授業はありますが、「読む・書く」の技能については練習していませんので、まずはアルファベットを覚えたり、ローマ字を読めるようになるところからスタートする場合がほとんどです。
そのような生徒さんには、最初はやはり少し努力が必要です。個別指導ですので各自が出来るペースから始めていくのですが、せっかく小学生のうちから塾で英語を習って頂くわけですから、その先行投資に見合うものを身につけてもらい、中学校に入ったら英語では高得点が取れるようになってもらわねばなりません。かと言って、プレッシャーをかけ過ぎて英語が嫌いになってしまっては元も子もありませんから、様子を見ながら気を遣いながら勉強を進めていきます。
しかし、そんな心配をよそに、生徒たちが予想外に楽しんでくれているのが単語テストです。当教室では(小学生に限らず全学年の英語の授業で)必ずなにかしらの小テストを実施していますので、毎回の授業でそれに向けて英単語や英文を書けるように覚えてくる宿題が出ます。これを生徒たちが楽しんでくれているのです。全問正解して喜んだり、1問だけ間違えて悔しがったり、私のところにノートを持ってきて「先生、見て。このページからここまで全部、テストの練習したところだよ」と自慢したりしてくれます。
やはり、新しい事を学んだり、覚えたり、出来るようになることは、子供たちにとって楽しい行為なんだと実感させられます。英語に限らず、小学生に限らず、新しい事を学ぶ楽しさをもっと伝えていきたいと思う次第です。
 

2019年10月26日

先日、中学3年生の保護者様と面談をした時の話です。具体的な内容は伏せますが、その方は私に「うちの子は〇〇なところがあり、今まではこういうふうに接してきました。これまで、こんな事やあんな事があって、(生徒さん)本人はどうやら△△なように考えているところがあるので、だからこそ高校受験では本気で頑張るということをして欲しいし、なんとか志望校に合格させて『自分もやればできる』という自信をつけさせてあげたい」ということをおっしゃられました。
まさに「勉強を通じて『成せばなる』自信を持ってもらう」という当塾の理念と同じものです。これは当塾の理念ですから私自身も常日頃から考えていることですが、あらためて保護者様からご自身のお子様に対する熱く強く重く深い願いを直接お聞きして、何かとても熱いものにガツンと打たれたような感じがしました。
私自身、自分では生徒ひとり一人に対して情熱をもって接しているつもりではありますが、当たり前ですが、保護者の方々の情熱には及ぶべくもないんだなと。そしてまた、そんなお子様たちをお預かりしているんだと、身の引き締まる想いでした。当塾を選んで大切なお子様を託して下さった方々の期待に応えるよう、ただひたすら全力で生徒たちと向き合っていきたいと思います。
 

2019年10月16日

先日、各中学校で行われた中間テストの結果が返ってきています。
合計の点数が上がった、あるいは点数の上がった教科がある生徒が多く、たくさんのいい笑顔を見せてもらえました。しかし、なかには残念ながら納得のいく点に届かなかった生徒がいたのも事実です。
Aさんは苦手だった英語の点数がドーンと上がって70点を取りました。テストが返ってきたときには「先生、見て!見て!英語、すごいでしょ?」と本当に嬉しそうに弾んだ声で答案を見せてくれました。Aさんが普段から真面目にキチっと宿題をやっている事と、早目に学校のワーク(副教材)をやり終えていてプラスアルファーの勉強をする時間を沢山とれた事が今回の点数が良かった要因だと思うと、私が伝えると、「次も頑張っていい点数を取る」とキリっとした表情で言っていました。
一方、Bくんは数学で同じ70点を取りましたが、納得がいかない様子で憮然としていました。ちなみに、この70点は平均点よりも20点近く高いにもかかわらず、です。話を聞いてみると、点数を競い合っている友人に好きな数学で負けたのが悔しかったらしいです。また「ここが苦手だから出たら嫌だなぁ」と思っていた箇所がテストに出て、案の定、解けなかったのを後悔しているとのこと。「苦手だから出ないで欲しい」と願うのではなく、「よし出てこい」と思えるくらいまでバッチリ解けるように練習してテストに臨んでいれば結果が違ったと思うと、私が伝えると、彼もまた「次こそ頑張っていい点数を取る」と言っていました。
テストの点数は、準備状況や得手・不得手、小さなミスやそれこそ運にも左右されてどうしても上下するものです。(もちろん、毎回のテストで毎回いい点が取れるように全力で指導はしていますが...)ですので、良い結果も、納得のいかない結果も、どちらも次のテストでの良い結果につなげていく原動力にしていくことが大事です。時には一緒に喜び、時には厳しい言葉も掛けながら、そんなサポートをしていきたいと思っています。
 

2019年9月25日

教室を運営していて目指していることの一つに「楽しい塾にしたい」というものがあります。
友達と通うのが楽しい。違う中学の友達に会うのが楽しい。先生と話すのが楽しい。 塾に通う楽しさは色々とあると思いますが、やはり“塾”ですから、私は生徒の皆さんには「勉強が出来るようになって楽しい」と感じて欲しいと思っています。
勉強をするのがあまり好きではない人でも、今まで出来なった問題や難しい問題が解けたときの楽しさや嬉しさは、誰にでも必ずあると思っています。その楽しさをどんどん積み重ねて点数アップにつなげていく。テストの点数が上がって嬉しくない人は、さすがにいませんよね。
さて、来週はそれぞれの中学校で中間テストが実施されます。私たち講師陣にとっては、生徒の皆さんに勉強が楽しいと感じてもらうチャンスでもあります。 生徒ひとり一人のテスト勉強を全力でサポートして、点数アップを目指してまいります。
 

2019年9月12日

9月に入り新学期の始まりとともに、中学3年生対象の秋のプログラムが始まりました。
当塾では、7月から翌3月までの期間で一貫した形での受験対策授業を行っているのですが、そのなかで9~11月に実施しているプログラムが始まりました。こちらは、定期テスト前などを除いたほぼ毎週の土曜日に行われる講習で、英数理の3教科を中心に各週ごとにテーマとなる単元を決めて、そこに絞って徹底的に勉強をしていくものです。
例えば、先週の数学のテーマは「ダイヤグラム」、一次関数の応用問題でした。ご存知の方も多いかもしれませんが、学校では2年生の秋に学習する一次関数の応用問題は、毎年必ず兵庫県の公立高校に出題される最重要単元の1つです。(知らなかった方、特に中学2年生の皆さんは必ず憶えておいてください。)そのような最重要単元に絞って徹底的に勉強し、しっかりマスターすることで入試本番での得点アップを目指していきます。
また、こういった入試によくでる重要単元は、2学期に学校で行われる実力テストでも出題される可能性が高いですから、内申点アップという意味でも、この時期にマスターしておくことは大きな価値があります。
ちなみに、この講座は「最重要単元をマスターする」ことが目的なので、その単元の理解度を測るテストで合格基準点に達するまで授業が終わらない仕組みになっています。先週の土曜日、たまたま遊びに来てくれた当塾の卒業生がいたのですが、講習の様子を見て「あー、帰れないやつだ!懐かしい~。かわいそ~」とニコニコしながら帰って行きました。
 

2019年8月29日

今週から各小学校・中学校で登校日が始まり、生徒たちの生活も夏休みモードから通常のそれへと戻ろうとしています。当塾でも、今週の月曜日をもって受験生対象の夏期講習が終了し、夏の慌ただしい時期がひと段落した感があります。一方で、登校日の始まりとともに各中学校では課題実力テストが、順次、実施されていきます。ここ数日は秋の到来を告げるような涼しい日が続いていますが、夏休みの間に受験生たちは本当に一生懸命に頑張ってくれましたから、その実りを摘み取るような初秋のテストになることを願っています。
受験生にとって一つの山場となる夏の時期を終えると毎年のように思うのは、来年、再来年、或いはその先に受験生になる生徒たちに「今、何をしてあげればより実りのある受験生の夏を過ごさせてあげれるか」ということです。 この夏をしっかりと振り返って、次の夏へとつなげていきたいと思っています。
 

2019年8月10日

塾の先生という仕事をしいていると、生徒たちに最高にキラキラした笑顔を見せてもらえることがよくあります。
それは生徒たちが「できた!」「わかった!」というときに見せてくれる笑顔です。
先日は、数学のなかなか難しいところを学習している中学3年生の生徒が、その単元の理解度を測る小テストで満点を取ったときに 「先生、見て見て!やったよ!!」 と素敵な笑顔をみせてくれました。今日も、単位変換が必要な速さの問題に手間取っていた小学6年生の生徒が、問題の根幹をちゃんと理解して解き方もマスターして全問正解したときに見せてくれて、「家に帰ったらお母さんに教えてあげる」 と言って軽やかな足取りで帰っていきました。
どちらも出来なかったことが出来るようになった喜びが心からあふれ出た笑顔です。それは、私にとっても本当に嬉しい瞬間です。こんなキラキラの笑顔を全ての生徒に(できれば毎回の授業で)させてあげたいと思っています。
 

2019年7月27日

今週からどちらの小中学校でも夏休みが始まりました。
夏休みに限らずですが、長期の休みは学校の進度を気にすることなく復習や先取りの勉強をすることが出来る機会です。ですので、今回は受験学年以外の各学年の「夏休みにこれだけはやっておきたい事」を紹介したいと思います。

まずは小学生から。
4年生は割り算の復習です。割り算の計算のベースには掛け算があるのですが、ここをしっかり復習することで割り算と掛け算の両方の計算力を強化しましょう。5年生は割合の予習です。1学期に習った少数の計算ができていることが大前提ですが、余裕のある人は小学校の算数における最難関の単元「割合」を先取りで勉強することで、2学期だけでなく中学校に入ってからの勉強もスムーズに進められる土台を作ります。6年生は最終学年ですので、「これだけは」と題してもやっておきたいことは沢山あります。3つに絞ったとしても、①分数の計算の復習 ②速さの先取り ③5年生の復習(とくに割合と図形)、といったところでしょうか。

ここからは中学生です。
1年生は正負の計算と文字式の計算を復習し、方程式の先取りまで手を伸ばしたいですね。1年生で習う計算は中学数学の基礎となる大事なものです。ここを疎かにするとこの先ずっと尾を引きますのでまずは計算を固めます。それが出来て、方程式の文章題まで先取りが進められるとなお良いですね。
2年生の課題は英語です。1年生からbe動詞と一般動詞という2つの文法体系を習ってきましたが、現在形・過去形・進行形・未来形とその全ての時制を習い終えたのが2年生の1学期です。ここが曖昧なままだと2学期以降にぐっと難しくなる2年生の英文法に対応できませんから、これまでに習った文法事項を徹底的に復習するのが2年生の課題です。

毎年、長いようで短いと感じる夏休み。受験生たちにとっては勝負の夏ですが、受験学年ではない生徒たちにとってもやがてくる受験に向けて種をまく大事な時期です。
生徒たち全員が秋以降の学校生活を充実して過ごせるように、全員がやるべきことをしっかりとやる夏にしたいと思っています。
 

2019年7月11日

7月に入り中学3年生の受験プログラム(7月から来年の入試本番まで続く講習)がスタートしました。
これから8月末までの期間(夏スペシャルの間)は、5教科の勉強を教科ごとの計画表に沿って進めていってもらうのですが、その計画表には毎日のやるべき課題が日付とともに記されており(7月1日はこれをやって、2日はこれをやって、3日は...という具合に)、生徒たちは文字通り「日々の勉強に追われている」状態です。日々の勉強を計画通りのペースでしっかりやれている生徒もいれば、精一杯なんとかこなせている生徒、多少の遅れはあるものの必死で食らいついている生徒もいます。
ある生徒のお母さんからは、「先生、うちの子が毎朝6時から早起きをして勉強するようになりました」という報告のお電話を頂いたりもしました。
それぞれの状況こそ違いますが、全員が6月までとは違う気合いを持って受験に向かってくれており、大変嬉しく思っています。私自身も、彼らの気合いに負けない気合いで指導していかなくてはと身の締まる想いです。
受験生にとって勝負の夏を乗り切ることで、全員がひとまわり逞しく成長してくれるのを確信しています。
 

2019年7月1日

ノートをきれいに書く。勉強をするうえで大切なことの一つだと思います。きれいなノートを書く人が必ずしも勉強ができるとは限りませんが、成績の良い人は大抵の場合、きれいで見やすいノートを書いています。詳しい因果関係は分かりませんが、きれいで見やすいノートを書こうとするうちに、物事を整理して考える力がついていくのではないかと思ったりしています。
当塾に来てくれている小学生のなかに、ノートをきれいに書くことが苦手な生徒がいます。以前はノートの線や行の幅を完全に無視した書き方をしていましたが、最近になってきれいに書くことを意識してくれるようになりました。
その子が変わったきっかけは分数のかけ算・わり算の計算でした。それまで幾度となく「ノートをきれいに書こう」と指導しその大切さも伝えていましたが、本人はそのことに全く興味がない様子で、言われた直後はきれいに書いても、またすぐに元に戻ってしまうような状況でした。ところが、分数のかけ算・わり算をするにあたって「ノートを2行使って、あいだにある線を分数の線にすると計算がしやすい」ということにようやく納得してくれたようで、それ以来、少しずつノートをきれいに書くようになってくれました。きっと、今まではノートをきれいに書くことに興味も必然性も見出せていなかったのが、必然性を感じてもらえたからだと思います。
私にとってこの出来事は、人にものを伝える難しさを改めて実感する機会になりました。同時に、ひとり一人が独自の感受性を持っている生徒たちと向き合っていくヒントをもらった気もします。これからも生徒たちに教え、教えられながら、彼らの成績アップに努めていこうと思います。
 

2019年6月12日

例年6月になりますと当塾では、中学3年生の生徒たちと保護者の皆さんにお時間を頂き、三者面談を実施します。
その主な目的は、受験プログラム(当塾では7月から3月までの間、一貫した形での受験対策授業を行うことで入試をサポートしています)について説明することと、高校入試に際しての心構えを説くことにあります。なかでも、どんな心構えで勉強に向かってもらうかは結果を左右する大きなポイントになるので特に大切にしているところです。いくら周りにいる私たち講師や保護者様が応援しようとも、実際に勉強するのは生徒たち本人ですから。
現時点で半数の方との三者面談が終了したところですが、すでに生徒たちの勉強に取り組む姿勢に変化が見られます。例えば、今までの倍以上の量の宿題を自発的にやると言い出してくれた生徒や、友達同士で競うように自習に来てくれるようになった生徒もいます。他の生徒たちもこれからどんどん変わっていってくれることでしょう。
彼ら彼女らの熱意に負けることのないよう、こちらも全力で彼らに向き合っていこうと思っています。
 

2019年5月28日

先週、各中学では中間テストが実施され、まだテスト結果も出揃っていないような状況ですが、もうすぐそこに期末テストが迫ってきています。当校には本山南中学・本庄中学・本山中学の生徒たちが通ってくれていますが、どの中学校も6月26日から3日間の日程で期末テストが組まれています。あと約1カ月後になるわけですが、当塾では定期テスト前の2週間をテスト対策期間と位置づけて対策授業を行っていますので、通常の授業が行えるのは残りあと2週間しかありません。中学3年生にいたってはどの学校も期末テスト前のこの時期に修学旅行がありますので、残された時間はさらに少ないです。
その一方で、中間テストでは授業の進み具合が遅くテスト範囲の狭い教科が散見されましたが、そういった教科はおそらく学校も授業スピードを上げて来るでしょう。
ですので、私たち講師陣は相当な切迫感と危機意識をもって授業を行っています。文字通り、一分一秒も無駄に出来ない思いです。テストが終わったばかりの生徒たちには可哀想ですが、期末テストに向けて気持ちを切り替えて勉強してもらうしかありません。ひと息つかせてあげたい気持ちはありますが、ここは心を鬼にしてビシビシいこうと思っています。
 

2019年5月11日

ゴールデンウィークも明け、中学校によっては中間テストが近づいてきました。今年度最初の定期テストですので、生徒のみなさんには良い点を取って良いスタートを切って欲しいと思っています。特に、新中学1年生のみなさんにとっては初めてのテストですから、万全な準備(テスト勉強)をして最高のスタートが切れるようにしっかりとサポートしなくてはと思っています。もちろん、他の学年のみなさんにも頑張ってもらうつもりです。
いくつかの学年の教科では、中学校の授業の進度の関係でテスト範囲が極端に狭くなり、半分は実力テストのような内容になろだろうことが予測されます。点数の取りにくいテストになりそうで要注意です。
それから、気になるのは、この春から新しく当塾に来てくれるようになった生徒たちです。今までとは違う心構えと勉強量で、テストに臨んでもらわなくてはなりません。
やるべき事を挙げればキリはないですが、生徒みんなが1学期を気持ち良く滑り出していければと思っています。
 

2019年4月26日

新学期が始まって1ヶ月が過ぎようとしています。
今学期から新しく当塾に来てくれるようになった生徒たちも、まずは当塾の勉強ペースに慣れてきた様子で、これからもっと頑張ってもらわなくてはと思っています。また、4月から中学生になった1年生達も順調に滑り出してくれました。あとは最初の定期テストで良い点を取って、良いスタートを切れればというところです。小学生の皆さん、特に6年生の生徒たちは、次学年を見据えた勉強がしっかりできていると自負しています。
一方で、受験学年となった中学3年生のなかには思うように勉強が出来なくて戸惑っている生徒が見受けられます。「勉強を頑張りたい気持ちはあるけど、理想のイメージほどは頑張れていない」 「受験を考えると気持ちばかり焦ってしまって、何から手を着けていいのか分からない」 そんな相談を生徒たち本人や保護者の方々から頂いています。
変な話ですが、今の私のモチベーションを駆り立ててくれているのは他ならぬ彼らです。頑張ろうと思い悩む生徒の姿は、可愛くて仕方がないというか、何とかして手助けになってあげたいと思わせるものがあります。ちょっとしたアドバイスで変われる生徒もいれば、すぐには解決できない課題を抱えている子もいますが、とにかく全員の力になって後押ししていきたいと強く思っています。
 

2019年4月11日

先日の土曜日、新しく中学三年になった生徒たちとその保護者の皆さまにお集まり頂き、公立高校受験に向けたセミナーを開催いたしました。内容としては、兵庫県の公立受験の特徴や概要、当塾の受験対策のスケジュール等を説明し、あわせて、受験に向けて必要な心構えや、私自身の受験に対する想いなども話させてもらいました。 また、「今の時点の学力と通知表の成績であればどこの高校に進むことになるのか」というシミュレーションを全員に試してもらい、来る高校受験と現状の立ち位置をよりリアルに体感して頂きました。
おかげさまで、セミナーは盛況に終わり保護者の皆さまにもご好評の声を頂いたのですが、特にこのシミュレーションには生徒たちの心に届いたようで、みんな真剣な表情でやってくれておりました。
それからまだ1週間程度ではありますが、多くの生徒の勉強へ向かう姿勢に変化が見られるようになったので、セミナーを開催して良かったと思っております。
そんな生徒たちの変化を見て、やはり中学3年生にもなれば一人ひとりが意思を持っていますから、他人に何を言われるよりも、生徒本人が「自分の現状や、自分を取り巻く環境を知る。気付く。」ことのほうがヤル気や行動につながるんだと改めて実感した次第です。
 

2019年3月25日

3月のこの時期は個別懇談などで保護者の皆さまと接する機会が多いのですが、4月から中3生になる生徒の保護者の方が 「この1年は受験生になるので大変だ」 という主旨のことをおっしゃっていたのが心に引っかかっています。また、生徒たちもよく「3年生は勉強を頑張る」ということを口にします。
しかし、高校受験は3年生の1年間だけで争うレースではありません。中学校1年生からの3年間(あるいはもっと前からの期間)を通して戦う長丁場のレースです。当然、入試問題も3年間で学んだことの中から出題されます。
が、やはり「受験生 = 3年生」という意識を持っている方が多いように思います。
ですが、実際には、受験というレースの中に居るからといって中学2年生を受験生と呼ぶことこそありませんが、本当は中学生はみんな受験生なのです。

この意識の違いは日々の勉強や、その積み重ね結果である受験の合否に大きく影響してきます。
1年生から受験に対する自覚を、生徒たちも保護者の方々も持つ。そうは言っても、頭では分かっていても、意識を変えて行動に移していくのはなかなか難しいものです。
しかし、そこをなんとか変わってもらえれば、そんな働き替えを続けていけば、毎年の受験結果をより良いものにしていけるのではないかと、公立高校入試の発表を終えて思う今日この頃です。
 

2019年3月11日

先日、教室である中学3年生の生徒とこんな会話をしました。
「先生、今日は何番の席で授業ですか?」
「3番です。」
「英語の授業からですよね?」
「そうなんですけど、今日は国語をします。」
「え??」
「国語の〇〇の単元があんまりよく分かってないですよね? だから、今日はそれをやります。」
「やったーーー!!」

その生徒は、普段は数学と英語を取って通塾しているのですが、国語のその単元は入試に必ず出てくるところなので授業を変更してみると、このような反応をしてくれました。
私自身、喜んでいる生徒をみて、個別指導塾の講師冥利に尽きる思いでとても嬉しかったです。平静を装ってはいましたが、内心は私のほうが「やったーーー!!」でした。
そして、その生徒は授業の終わった帰り際に、 「先生、あの単元はもう大丈夫。入試に出ても完璧だよ!」 と、目をキラキラさせて帰って行きました。

生徒が喜んで受けて、目を輝かせて帰っていく。そんな授業を全ての生徒たちに毎回やってあげれたら。夢のような理想かもしれんせんが、日々頑張っていきたいと思っています。
 

2019年2月27日

2月も残すところあと少しになり、公立高校入試を控えた受験生たちは最後の仕上げに取り組んでいます。
中学1、2年生は学年末試験も終わり、次の学年の勉強が始まっています。小学生も1月中に当該学年の勉強を一通り終え、2月は総復習をして、3月からは次学年の勉強に入っていく予定です。また、先取りよりも復習に力を注ぎたい生徒たちには、新しい勉強が始まる4月までの時間を使ってしっかり復習していくつもりです。
いずれにせよ、小学生~中学2年までの生徒にとって、この3月は次の学年へ向けた大切な準備期間だと言えるでしょう。特に、4月から新たに中学生になる小学6年生の皆さんには、ここでアドバンテージをつくって良い形でスタートを切ってほしいと思っています。
この3月、あるいは春休みのあいだに次の学年へ向けてしっかりとした準備や復習をしたいとお考えの方は、是非一度、当塾までご相談ください。
 

2019年2月12日

2月9日に私立高校入試が終わり、1ヶ月後には公立高校入試がありますが、その前に今月の20日過ぎにはどこの中学校でも学年末試験が行われます。1年間の総まとめのテストですから、指導する我々も力が入りますが、生徒たちには気合いを入れて頑張って欲しいと思っています。
特に、中学2年生の生徒たちには、副教科の点数を意識して今までのテストとは違う気持ちで臨むように指導しています。ご存知のように兵庫県の公立高校入試は内申点の比重が大変高いのが特徴です。なかでも副教科の内申点は主要5教科の2倍近い配点になっています。
それを考えると3年時の期末テストでは副教科でしっかりとした点を取るのが重要になってくるのですが、そのためには主要5教科の勉強が早目に終わっていて、テストの直近には勉強時間を副教科に使える余裕がある、そんな勉強のスケジューリングが必要になります。
とは言っても、「よし3年になったから今までは勉強方法を変えて副教科に力をいれるぞ」と簡単にいくわけはありません。ですから、2年生の生徒たちには、3年生になったときの期末テストを見据え、“主要5教科を可能な限り早めに終わらせ、副教科に力を入れる練習をする”ように指導しています。ここで3年時の予行練習をしておけば、その反省を活かして3年1学期の期末テストに対処できるはずです。逆に言えば、ここで何も対策をせず今まで通りのテスト勉強をしてしまうと、3年1学期の期末テストにはぶっつけ本番で臨むことになってしまいます。そういう意味では、2年生にとっては最後の練習の機会であるのが今回の期末テストです。
1年と1ヶ月後に迫った彼らの受験に備えて、今からしっかりと支えていきたいと思っています。
 

2019年1月28日

高校受験がいよいよ佳境をむかえ当教室の中学3年生達も皆、必死になって最後の追い込みに取り組んでいます。
そんな彼らの様子を見て、非受験学年の生徒たちにも何かを感じ取ってもらえないかと日々考えています。

中2生のなかには、既に志望校が胸中にあって勉強のギアを上げ始めた生徒もいますが、残念ながらまだ少数派で、半数以上の生徒たちは「受験を意識はできているが具体的な行動はとれていない」というのが現状です。
以前にもこの欄で書きましたが、受験ということを考えたとき、スタートが早ければ早いほど有利なことは間違いありません。一人でも多くの生徒に、一日でも早く受験生になってもらうのが私共の使命だと言えるでしょう。中学校1年生から、全員が高校受験を意識できている。そんな教室を作っていければ理想的だと思っています。
また、受験にはまだまだ時間のある小学生の生徒たちにも、さすがに高校受験を見据えて勉強するというのは難しいですが、何か目標を持って勉強をさせてあげれればと常に考えています。目標を持って行動ができれば、同じ勉強をするにしても達成感やが違ってくるでしょうし、その結果、おのずと勉強に向かう姿勢も前向きになるはずです。
学年を問わず、通っている生徒みんなが目標に向かて頑張っている。
そんな目標を持ちながら、私自身も生徒たちの勉強を後押ししていきたいと考えております。
 

2019年1月10日

明けましておめでとうございます。
生徒の皆さんはどのような気持ちで新しい年を迎えてますでしょうか。

「一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり」ということわざがあります。「一日の計画は朝に立てることが肝心であり、一年の計画は年の初め(元日)に立てることが肝心である」という意味です。
元旦こそ過ぎてしまいましたが、塾生の皆さんにはこの心構えで、今年を勉強の面でどのうような一年にするのかを考えて欲しいと思っています。
例えば、小学校6年生の皆さんは春から中学生になり、勉強の内容も難しくなっていきますから、それを踏まえての目標を立ててもらいたいですし、中学3年生の皆さんにも同様に、目の前の高校受験で合格を勝ち取るのが一番の目標ではありますが、その先の進学を見据えた目標を考えて欲しいです。
なかでも特に、今年が受験学年となる中学2年生の皆さんには、自分の行きたいと思う高校を自分の実力とを照らし、しっかりとした目標を立てなくてはいけないと思っています。
とは言え、自分自身でしっかりとした目標を立て実行していける人ばかりではないでしょうから、そこは大いに塾を頼って頂きたいと思います。私たち講師陣も万全のサポートをしていくつもりです。

それでは末筆になりましたが、本年もよろしくお願い致します。

2018年12月26日

2学期も終わり、いよいよ今年も残すところあとわずかになってきました。
受験生である中学3年生は12月から始まった冬の受験プログラムに追われながらも、懸命に勉強に打ち込んでくれています。
その他の学年の生徒たちも、冬期講習で2学期までの復習をしていたり、講習は取らなくてもご家庭でプラスアルファの勉強をしていたりと、この冬休みは例年にくらべても頑張っている生徒が多いなと頼もしく感じながらみております。
また、今月初めから行っていた保護者懇談も一段落し、今回もまた多くの有意義な話や、保護者様の想いをお聞きすることが出来ました。

そういった事に触れて、私自身、ますます頑張っていかなくてはと思っております。数ある塾の中から当校を選んで下さった生徒の皆さんと保護者の方々の期待にしっかりとお応えする塾であるべく、来年も全力でひとり一人と向き合っていくつもりです。
今年も1年間、ありがとうございました。 来年もまたよろしくお願い致します。

2018年12月14日

できない理由を考えるよりも、やれる方法を考える。
これは、私が生徒たちを指導していくなかで大切にしている言葉の1つです。

よく生徒とこんな会話をします。
「先生、今日の宿題なんですが、やったんですけど全部はできませんでした。」
「どうしたの?何かあったの?」
「日曜日に部活の試合があって、土曜日は練習で...
「そうか、そうか。でも、ちょっと考えてみてくれるかな。例えば、土曜日の練習の前とか、月曜日に早く起きてやるとか、なんとか頑張ったとしたらどこかに宿題を終わらせる時間はなかったかな?」
「あったかもしれません...

勉強においてもそうですが、この考え方は物事に取り組む姿勢として、将来、生徒のみなさんが社会に出て仕事をするようになってからも必要になってくるものだと思うので、機会があれば伝えていこうとしています。
中学3年生は、いよいよ受験勉強の佳境を迎え、残された時間の中でやるべき課題はいくらでもあります。そんな状況の下で、言い訳をすることなく自分を厳しく律して可能な限りの努力が出来るようになれば、それは受験の結果と同じぐらい大きな成果を得ることになるでしょう。
中学2年生のみなさんであれば、勉強の内容がどんどん難しくなっていく一方で、部活動では中心として周りを引っ張っていかなくてはならない。そんな状況の下でも勉強をおろそかにすることなく取り組んでいける。
当塾に通ってくれている一人ひとりが、そんな生徒に育ってくれることを願いつつこの考え方を伝えています。

2018年11月27日

この記事を書いている今はちょうど期末テストの直前、あるいは学校によってはテスト期間中です。
先日もこの欄で触れましたが、中学3年の生徒たちにとって2学期の期末テストは内申点を決める最後の大一番です。当塾の中3生も、例外なく目の色を変えて勉強しています。
他の学年の生徒たちもその雰囲気を感じているようで、「来年は大変そうだなぁ」と他人事のように言う中2生や、「今のうちから頑張っておこう」と頼もしさを見せてくれる中1生など、色々な声が聞こえてきます。各生徒の反応は様々でも生徒自身が何かを感じてくれているのは間違いないようで、私たち講師陣はこれチャンスとばかりに受験に向けての心構えや大変さなど、近い将来の自分の姿をなるべく具体的にイメージできるように語りかけています。

また、最近は新しく教室に加わった生徒さんも増えて来ています。
2学期の中間テスト以降に入塾してきてくれた生徒たちにとっては、今回の期末が入塾後初のテストということになります。1ヶ月そこそこで急激な点数アップは望めないかもしれませんが、少なくとも今までにない充実度合いでテスト対策を進めてもらうことを意識して指導しております。
その結果として、期末テスト本番に「この問題、塾で同じのやってたから出来た!」というのが1問でも多く作れればと思っております。

2018年11月13日

学園祭など2学期に集中する大きな学校行事も終わり、文化部の生徒も部活を引退し、中学3年生たちの受験勉強はいよいよ本番を迎えつつあります。
中学3年の生徒たちが受験モードに突入したこの時期、毎年考えるのは現中学2年生たちのことです。

どんな生徒でも3年生も終盤に差し掛かり、受験本番が近づいてくれば必死に勉強するようになるでしょう。しかし、塾からの能動的な働きかけによって必死になり始める時期を少しでも早めたいと毎年のように考えます。
今の2年生たちを、どうすれば1日でも早く受験を意識して本気の勉強ができるように変えれるのか。生徒ひとり一人の顔を思い浮かべながら「あの子はこうしよう」「この子にはああしたい」と考えているだけで時間があっという間に過ぎていきます。
どの生徒にも課題があって、やらせてみたいことも沢山ありますが受験本番まで残された時間は限られています。

「もうあとたった1年5カ月で受験か。時間がないなぁ」
そんな想いを持てる生徒を増やしていきたいと思う今日この頃です。

「試しに授業を受けてみる」ことのメリットは、教室や授業の雰囲気が分かることです。成績アップにこだわる個別指導を、体験授業でお試しください。 2コースからお選びください。
① 無料体験(1回)
② 2週間体験(4回)

詳細はこちら

078-412-3855

(受付)月~土  14:00-21:30

個別教育Myチャレンジ/岡本校の地図 岡本・摂津本山エリアの個別指導塾です。(神戸市東灘区岡本3丁目7-9ラヴィール岡本)

本山中・本山第二小の目の前。
山手幹線はさみ向かいのビル。

078-413-8383

(受付)月~土  14:00-21:30

個別教育Myチャレンジ/本山校の地図 摂津本山・甲南山手エリアの個別指導塾です。(神戸市東灘区本山中町3丁目1-4)

2号線はさみヤナセ向かい。
小路交差点はさみダイエー斜め向かいすぐ。

078-200-5914

(受付)月~土  14:00-21:30

個別教育Myチャレンジ/魚崎校の地図 魚崎・青木エリアの個別指導塾です。(神戸市東灘区魚崎北町1丁目6-22)

つるぎ交差点の南西角。
交差点はさみウエルシア斜め前

078-200-5903

(受付)月~土  14:00-21:30

個別教育Myチャレンジ/高校生専用!個別教室の地図 岡本・摂津本山・魚崎エリアの高校生専用の個別指導塾です。(神戸市東灘区魚崎北町1丁目6-22)

魚崎校の3階

078-854-3015

(受付)月~土  14:00-21:30

個別教育Myチャレンジ/RIC校の地図 六甲アイランドの個別指導塾です。(神戸市東灘区向洋町中6-9神戸ファッションマート)

神戸ファッションマートの正面玄関横。

0797-78-8775

(受付)月~土  14:00-21:30

個別教育Myチャレンジ/芦屋校の地図 芦屋の個別指導塾です。(芦屋市大桝町6-5堀萬ビル301)

阪神芦屋駅から徒歩4分、JR芦屋駅から徒歩9分。堀萬昭堂さんのビル3F。